ホーム > 注目 > シミ除去の初体験!

シミ除去の初体験!

ちょうど子供たちのことで近所の皮膚科を訪れた際、シミの除去の施術ができることを知った。どうしようか迷った末、「聞いてみるだけでも」と、自分の診察券を出して先生に話を切り出した。 目立たなかったシミが濃くなってきて、どうにか除去したいのだけれど、せめて薄くなりますか、と聞くと、サイズを測ってカルテに記入をしながら、 「ああ、これならたぶん一回でいいでしょう」と、さらりと答えられた。先生の話によると、シミの除去には二つの方法があり、一度でパチンとやって大きなガーゼで一週間過ごすか、数回にわけて様子を見ながら施術するか自分で選べる。が、先生は前術の方を勧められ、私はその方法で処置することにした。 4人も子供を産んでいるのに、やっぱり病院の台の上に上がるのはこわい。いつだって、そこに上がったら「まな板の鯉」状態だ。そしてやっと覚悟する。 痛みがどの程度なのかわからないのがもっとこわくて、普段なら美容院に行っても余分な話しなんてしない私もつい饒舌になる。 「痛いのかなあ」なんて、独り言のような、看護婦さんに何か優しく話しててもらいたいような子供みたいな私だった。